離婚まで考えた主人の借金について

離婚まで考えた主人の借金について

主人の借金で離婚を考えたことについて

私と主人は5年前の私の誕生日の日に、無事入籍し夫婦になることができました。結婚した当時は私自身主人に甘えたい性格だったため、休みの日になれば主人と一緒に必ず大型ショッピングモールを訪れ、恋人だった頃のように手を繋いでデートを楽しんだり、私達夫婦は二人一緒にいるだけで毎日が幸せに感じていました。入籍して1年が過ぎたぐらいに私自身息子を妊娠していることがわかり、真っ先に主人に報告しました。主人は常日頃から私との子供が欲しいと言ってくれていたので、私からの妊娠報告にすごく喜んでくれました。私達夫婦は常日頃からお互い積極的にするように、心掛けていました。日々共に過ごしていると、毎日が他愛のない話ばかりになってしまいますが、日々他愛のない会話をすることで、夫婦の仲を良好に保つことができると思っていたからです。息子を妊娠することで、以前より夫婦の会話が増えさらに夫婦の絆が深まった感じがしていたため、私自身息子を妊娠でき毎日が本当に幸せでした。

息子を妊娠中は特に異常なく、仕事もプライベートも順調良く過ごすことができていましたが、妊娠24週の頃に突然破水してしまい、緊急入院してしまうという出来事がありました。妊娠24週の段階で出産してしまうと、胎児の気管などが十分発達していないため、生存率が非常に低くなってしまいます。息子に生きて欲しいという強い気持ちを持ち、私は息子が大きく成長するまでお腹の中にいてくれるように願うことしかできない状態でした。何とか無事妊娠32週まで息子は私のお腹の中で、すくすく成長してくれたおかげで未熟児にはなりますが、問題なく外の世界で生きることができるようになりました。息子の育児をこれからしなければいけませんが、夫婦で素直に息子の誕生を喜ぶことができました。私が入院してから主人の様子が少しおかしく感じることもありましたが、私自身息子のことで精一杯になり、主人と以前のように会話をしなくなっていました。無事家族3人の暮らしが始まり、幸せな生活が永久に続くと思っていましたが、主人は私が入院していたことで寂しさを紛らわすために、借金をしてギャンブルをしていたことが発覚しました。離婚することを考えましたが、息子がこの世に誕生することができたのも主人のおかげなので、離婚せずに夫婦で息子を育てる選択をしました。

おすすめリンク

  • 離婚調停でお悩みなら弁護士へ
    http://rikon.authense.jp/
    >> 離婚調停

Copyright (C)2014離婚まで考えた主人の借金について.All rights reserved.